すいみメモ

すいみメモ

田舎に暮らす主婦です。家にこもるのが好きなインドア派ですが老体に鞭打っておでかけもします

無印良品のただ組み立てるだけのお菓子の家ヘクセンハウスの制作に失敗する

スポンサーリンク

無印良品のクリスマス用のお菓子の家(ヘクセンハウス)を購入しました。

無印では、クッキー生地から作る難しいヘクセンハウスと、簡単に組み立てるだけのヘクセンハウスが販売されています。

私は絶対に失敗したくないので、無難に組み立てるだけの方を選びました。


しかし、簡単な方を選んだはずなのに、組み立てることなくあえなく失敗してしまいました・・・・

ショックで途中までしか写真はありませんが、失敗したところまでの写真と、ヘクセンハウスの内容を紹介します・・・・・

無印良品 自分でつくる 組み立てるヘクセンハウス

f:id:swimi:20161212204025j:plain

これが無印のお菓子の家。この写真を撮った時は「わーい楽しみ♪」「早く作りたいね♪」とみんなで心躍らせていました・・・


はぁ・・・


f:id:swimi:20161212204026j:plain

箱の裏はこんな感じです・・・・



f:id:swimi:20161212204027j:plain

箱から出すと、壁や屋根の形をしたクッキーが入ってます・・・・
思ったより小さいです・・・・


この辺で子どもも「うわー!」と気分が高まってきたようですが、いちいち写真を撮っていたのでなかなかスムーズに進まず、「作る時になったら呼んで~」と他の部屋に行ってしまいました・・・


私ひとりで作業を続けます・・・

f:id:swimi:20161212204028j:plain
プラスチックのふたをとると、こんなかんじです・・・


箱の裏にある作り方を見ると、アイシング用の白い粉をボウルに入れるとあります・・・

f:id:swimi:20161212204030j:plain


そこから、白い粉を大さじ一杯だけ別にとっておくよう指示があるので、そうしました・・・

f:id:swimi:20161212204029j:plain

 

子どもを呼びました

「おーい、作るよー」

f:id:swimi:20161212205743j:plain

手を洗って泡だて器を持って、「混ぜる~」とスタンバイする子。

そして、水を入れるのですが・・・・ 

 

カメラマン交代

混ぜるのは子どもに任せるとして、私が器に入れた水をスプーンで入れるところの写真をとりたかったので、夫を呼びました。

その一瞬だけ、目を離したというか、席をはずしてしまいました。。。


「ちょっとーー写真とりたいから手伝ってよぉぉおおおおおーーーーノォォォォーーーー!!!


 気づいた時には、用意した器に入った水をばしゃっと入れられてた・・・




「ちょっと!かして!」

f:id:swimi:20161212204033j:plain

交代したカメラマン(夫)によって、殺気立って泡だて器を奪う私の手と、それをただ事ではない雰囲気を感じ取り、黙って見守る子どもらの手が写った写真です。


もうアイシングではなく、ただの砂糖水です。

そうそう、先ほど大さじ1杯だけ取っておいた粉ですが、、、、

f:id:swimi:20161212204034j:plain

あれは、ちょっとアイシングがゆるいかな?って時に使用する分なのですが、大さじ1杯程度入れたところで何の効果もなく、焼け石に水。ならぬアイシングに粉。わけわからん。


終了。


失敗したくないから組み立てるだけのヘクセンハウスを買ったのに・・・
作ると言っても水と粉を混ぜるだけなのに、こんなことになるなんて・・・

写真はここまでです。

アイシングについて

アイシングは1枚めのパッケージの写真にあるように、真白でボンドのようになる予定でしたが、うっすい砂糖水のようなものが出来上がりました。

自分でアイシングを作ろうか・・・と悩みもしましたが、たぶん私には無理なので即諦めました。

ちなみに、卵白と粉砂糖があればできるそうです。(byクックパッド)


そういえば、あの水っぽくなったアイシングをなんとか使い物になるようにと思ったのか知りませんが、普段料理をしない夫が箱の裏を見て「デキストリン!材料にデキストリンって書いてある!これ入れたらいいんじゃない!?デキストリンどこ?!」と叫んでいました。

後で調べたら、

デキストリン は、デンプンまたはグリコーゲンの加水分解で得られる低分子量の炭水化物の総称

らしいのですが、デキストリンなんて知らねーよ!とか思いつつ完全スルーしてました・・・

まとめ

子が謝っていましたが、私が「この水を入れるんだよー」と言ってしまったため全部入れると思ったらしく、子は全く悪くないです。
逆にしっかりしてない母で申し訳ない。。

クッキーはみんなでおいしく頂きました。
子どもたちはクッキーをアイシングになり損ねた砂糖水にべちょべちょにつけて、テーブルの上にそれをぽたぽた垂らしながら無言で食べていました。

簡単に割れないようにとても固いクッキーでしたが、案外おいしかったです。
しかしめちゃくちゃ高いクッキーになってしまいました。
来年リベンジします(たぶん)。